【gonnta's北海道アウトドア情報】
Go Home
●97/07/18 (金) キャンプ6日目、天候:晴れ後曇り 作:F戸
キャンプ場:達古武オートキャンプ場

金曜日は、朝早く起きていざ釧路へ。7時には無事 自然の村を出発した。
さすがに渋滞もなく順調に釧路へ。すでに24時間一緒の生活が1週間 近く続くと話す話題も少ない。あまり会話は弾まないが、車だけはいたって 順調に進む。途中、池田のワイン城に寄って見学した。北海道ツーリングに来た時 も見学したが、全然記憶に残ってなかった。この時、運転手がY本だった ので、Y本以外はワインをおいしく試飲した。
ここから、また一路 釧路へ。そろそろ釧路まで「...Km」の標識が見えて きた。ここで、気がつくがY本は運転中あまり話さない。顔も普段では 見られないほど真剣。またまた、運転に余裕がないらしい。
ま、この辺はH瀬も同じだが。
昼に釧路市内に到着し、夕食と次の日の朝食の買い物をすませ昼食後、 釧路湿原へ。ほんとうは昼飯がなくてもよかったが、Y本が「腹減った!腹減った!」 とうるさいので昼飯を食べることにした。
釧路は曇りの天気が多いとのことだが、今日はラッキーな事に晴れていた。
釧路湿原はかなり素晴らしく、景色もよかった。展望台にのぼり湿原を 見渡すとその広大さがよくわかる。
キャンプ場に行く前にY本のたっての希望で温泉へ。湯加減がちょうど よくて気持ちよかった。 (^^)
M木は、ホームページに載せるためにこの温泉の浴槽など写真を撮って いた。
この日の宿は達古武オートキャンプ場 。うまくバンガローが取れたので テントを張らずにすんだ。このキャンプ場は、沼のほとりにあるので、虫 が異常に多い。夜、街灯のまわりはすごい状態になっていた。
夕食はカレーと鮭のバターソテー。サラダはお馴染みのトマトだった。
この時の御飯の炊き加減が最高で、このキャンプ最高の仕上がりに。
米をといだのがM木だったのだが、やはり米のとぎ方がよかったのだろう。
てことは、今までは....。あまり詮索するのはよそう。
すこし、カレーと御飯を作りすぎたので次の日の朝食にまわした。
夜、俺が最後の日ってことでお酒をみんなで飲み、宴会となった。
....続く.....
<-第5話へと戻る第7話へと続く->
Go Home
【gonnta's北海道アウトドア情報】