キャンプ場名
美笛キャンプ場
場所

〒066-0285 千歳市美笛(国道276号線、美笛入口(98年舗装された)から道道673号線へ入り2.4キロ、 国道453経由だと673号線のなまら長いダートを15キロ進まなければならない。 (現在通行止。冬の間に更に崖崩れがおき2000年も開通の見込みなし)でも札幌からだとこっちの方が近い。)

連絡先

センターハウス 0123-25-2752 (財)千歳青少年教育財団 0123-24-3131 Fax 0123-26-9646

開設期間

5月1日から10月中旬

受付時間

11時〜19時まで

料金

入場料大人600円(日帰り300円19時まで)、小中学生400円、幼児200円、4歳未満無料

設備

トイレ(A+)2箇所、炊事場(A+)2つ、 センターハウス内(A+)にトイレ、休憩所、コインランドリー2セット(洗濯機200円/1回、乾燥機100円/30分,4.5kg)、 シャワー3つ、カード電話1台、自販、売店あり

サイト環境

一部凸凹と傾斜のある草地と砂地(100張は可)

駐車場

約100台/無料

近くの温泉

支笏湖温泉 休暇村支笏湖畔525円 (約25キロ)、北湯沢温泉山荘緑館800円  岩風呂、 サウナあり(約30キロ)

買い出し

支笏湖温泉街まで25キロ

その他

車両進入OK、モーターボート等エンジン付きは持ち込み×。日に一度?警察がRV車でパトロールに来る。 ハイシーズンは帰りに不正連泊してないかチェックが入る。

メモ

ハイシーズンは人だらけって感じだが、それを外せば、静かでとてもgood。 1番札幌に近く&自然に近いキャンプ場ではないだろうか? 97年、98年と場内設備が全面的に改装され、スーパー綺麗なオートキャンプ場になった。 管理棟のおじさん曰く、「千歳市の予算も無いし、これで20年は手が加えられる事はないだろう」と... 99年には一部フリーキャンプサイト(車の入れないサイト)が登場し、 場内の木も一部伐採された。また、場内に道路とサイトという区分けが出来、 サイト部分には芝の種がまかれ、 入り口にゲートも登場した(これじゃファイヤーウォールじゃん。身内うけ(^^;)。 一応、これで美笛の改装はすべて終了した模様。 団地のように区画整理されたキャンプ場にはならずに済み、 場内が舗装されなかっただけ良しとしよう。 お願い:ここでは宴会はしないでー。

96/4/29現在

まだ雪が残っていた。湖畔サイトはokだったが、森林サイト?はまだ雪が残っていてキャンプは辛い。 最低気温4度位

96/8/11現在

電話が治ってた。売店もOPENしていた。雨だったがかなりの人がいた。

97/4/19現在

キャンプ場はまだ運営してなかったので無料で入れた。雪は少し残るがほぼ全サイトキャンプ可能な状態 になってきている。おートイレがすげー奇麗(まだ閉鎖されていたが、多分水洗だと思う)になっている。 古い管理棟(管理小屋?)が壊されていた。まだ工事中のためどういう状況で運営されるかは不明。

97/05/05現在

結構家族連れでキャンプに来てる。トイレはやはり水洗。うーん、何故かトイレットペーパーが 思うように出てこなくてちと使いにくい。下水が無いはずだから巨大な地中タンクにためてるようだ。 管理棟は今はプレハブだが、近々立て直す予定らしい。

97/07/05現在

新たな建物建設中(多分センターハウス)だった。混みはざっと200人ってとこ。 自艇カヌー持参者がいっぱいいた。

98/04/26現在

キャンプ場はまだ運営してなかったので無料で入れた。場内にはもう全く雪はなく、 全エリアキャンプ可。ただ気温が...この日最高でも8度位だった。道道673の2.4キロが舗装され、 センターハウスも完成していた。

98/05/04現在

満員御礼。人でびっちり。G-week後半晴れたため、人がどっと押し寄せたが最低気温3度とテント泊の 人には辛い。初めてセンターハウス内に進入。朝4:30の日の出が最高だった。

99/04/29現在

50人位。気温14度。残雪はなし。でも今朝の気温は4度さぶー。 日中は風もなく快晴。最高の日だ!入り口にゲート が出来てるー。場内も整地され、芝の種?が蒔かれていた。

2000/04/30現在

車30台ほど、雪はもう残っていなかった。木の芽がようやく出始めてきていてまだ葉は無く、 バードウォッチングには最高の時期。日中12度程度、朝は2度位?まだ寒いなー QTVRも撮ってきた。

戀 もどる